スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

目指す目的地 見える風景

一人の子供が旅に出る

子供には自分の目指す目的地がまだわからず
周りの大人に導かれながら旅の支度を始める

大人たちに地図や写真を見せてもらい
自分が見てみたい場所を探す

子供は少しでも壁に阻まれている
遠くの景色が見たくて、精一杯背伸びをする

大人は背伸びをしても届かない景色があることに気がつき
背伸びをやめ、もっと高い場所へ移動を始める

もしくは踏み台を探す

旅立ちの時はみんな一人だ

周りの大人達に手伝ってもらいながら
作成した地図を握りしめ、少年は出発した

少年の目に映る景色はどれも輝いて見えた

途中で同じ場所を目指す仲間に出会った
二人で歩く道は楽しかった

ある日、仲間は目的地が変わったと言い
少年とは別の道を進む事になった

その後も何度か同じような事があった

地図の見方を覚える頃、少年はもう青年になっていた

小さかったてのひらは大きくなり
沢山の物を掴めるようになった

なくさないように握り締めていた地図は
もう、折りたたんでポケットの中だ

背も高くなった
もう、背伸びをしなくても大抵の事が見えるようになった

大人になると歩幅が大きくなり
目指す目的地に早く着くことができる
しかし、地図の見方を覚え
目的地の遠さに気がついてしまう

そしてある時を境に、自分の旅に時間制限があることに気がつく
周りを流れていく風景もどこかで見かけたようなものばかりで
先を急ぐことが先決になる

見るもの全てが真新しく、輝いていた季節は過ぎ去り
全て灰色の世界になる

急いでも急いでも目的地につかず
本当にこの道を選んで正解だったのだろうかと
自分の来た道を振り返りながら、少年がポケットに手を伸ばすと
地図は無かった

どこかに落としてきてしまったのだろうか
誰かに盗まれてしまったのだろうか

ああ、しっかりと握っていればよかったと思う頃
少年はもう、大人になっていた

と、いう事でいい年になった頃に
なんとな~く立てた人生プランで
なんとな~く生きていると
痛い目見るんじゃね?wという話

スポンサーサイト
[ 2010/10/22 16:52 ] 思考 | TB(0) | CM(0)

幸せの探し方?

何時もと全然違うこと書くけどおかしくなった訳じゃないよ!
中二病だと思って!w







人は皆平等である―――そんなのは嘘だ

顔の良し悪し、身長の違い、親の存在
生まれたときから差はついている

しかし、ある程度の事までは本人の努力でどうにか出来る場合もある

誰だって幸せになれる

―――ある程度までなら

俺は幸せになりたかった

しかし、別段何か努力をしてきた訳ではない
ただただ楽な方、楽な方を選んできたのだと思う
これでは幸せになれる筈が無い

ふと考えた

そもそも俺にとって幸せとは、いったい何のことを言うのだろうか

別にお金がほしいわけでもない
別にやりたい事もこれといって無い
別に好きな人がいる訳でもない

なんてツマラナイ生き方なのだろう
悲しくなった。そして、怖くなった。

俺はいつか、このまま終わりを迎えるのだろうか
好きなものも、やりたい事も、好きな人と一緒になることも無く

怖い。悲しい。切ない。笑える。

幸せの意味を調べてみると
運の良い人の事を指すことらしい

おかしい。これは間違っていると思う

じゃあ、運の悪い人はどうなるんだ
運が悪い=幸せが無いではないはず

人の性格が育ってきた環境によって変わるように
価値観という物も相反するように変わってくる

幸せに感じる事柄の程度が違う

裕福な人は程度の高い幸せを感受し
貧しい人は程度の低い幸せ謳歌する

これもまた違うと思う
いや、ある程度は合っているかもしれない
ある程度って言葉よく使うね。俺

金持ちの出発点は、自分では0だと感じていても
貧乏人には50の地点からのスタートに見えるかもしれない

その中の『1』という数字が、たとえば
一年間必死に働いてためることが出来る『1』だとしたら?

でもね。ここで考えた。

運のいい人が『+1』に感じる良い出来事を
運の悪い人は『+10』に感じることが出来れば平等ではないかと

おかしなこといってるのもわかってる

頑張った人皆が報われる事は正直、無いと思ってる
でも、頑張らない人が幸せになる事も無いと思ってる

頑張らない人、俺の様な奴がたまたま良い目に合う
それを『運が良かった』の一言で終わらせてしまうのはつまらない

頑張ってる人、そんな奴らがたまたま悪い目に合う
それを『運が悪かった』の一言で終わらせてしまうのはつまらない

いい奴らには幸せになって欲しい

スタート地点の違い
価値観の違い
持ちあわせている物の違い

こんなものは幸せになる障害になんてならない
綺麗ごとだってのもわかってる

でも、何も変わらない。変えられない人生なんて
つまらないじゃないですか?

え~この恥ずかしい文章なんですが~
前まで別のサイトでこんなん書いてたんですが
友達に発見されてしまいましてw

閉鎖!

で、ここに書いたんだけど…すげぇ恥ずかしい

あとは修正&色塗りだけだぜ↓
fe
[ 2010/10/20 17:37 ] 思考 | TB(0) | CM(1)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。